結婚指輪を決める前に知っておくべき【給料換算では約1ヶ月程度】

LOVE

指輪を作りのポイント

結婚指輪を手作りするには、主に鋳造型と鍛造型があります。鋳造型は自由度の高い、デザイン性のある結婚指輪を作りたい方におすすめです。鍛造型は、頑丈でシンプルな指輪を作りたい方向きです。指輪を作る前に、自分がどんな指輪を作りたいのか、どの製法で作るのが得意なお店なのかを調べておきましょう。

誰もが気になる

手

目安としての購入価格

大阪で婚約指輪の購入を検討している男性にとって、気になるのはその価格です。素敵な婚約指輪をプレゼントして相手に喜んでもらいたいと思う反面、予算という制約条件が存在するからです。大阪のみなさんがいくらぐらいの婚約指輪を購入しているのか聞くわけにもいきませんから、ここではその点について説明します。ある統計データを確認すると、給料3ヶ月分と言われていたのは昔の話で、今は30〜40万円代が主流であり、給料換算では約1ヶ月程度といったところです。みなさんが考えている予算と比較してみてどうでしょうか。もちろんこの数字はあくまでも目安であり、必ずしもこの価格帯の婚約指輪を購入する必要はありません。年代や年収により購入価格帯は異なりますし、使用するダイヤモンドの品質の良し悪しや大きさ、数量によっても大きく異なるからです。一般的には年代や年収が高めの方は平均以上の婚約指輪を選択される場合が多く、またグレードの高いダイヤモンドを使用した場合も価格帯は高めとなります。大切なのは値段ではないですから、自分のお金の状況をよく確認するのはもちろんのこと、贈る相手との話し合いもきちんとしておくとミスマッチを防げます。また、結婚に関するイベントは婚約指輪のプレゼントのみではありません。結納や大阪の式場手配、披露宴や新婚旅行などについても準備に手間や費用がかかります。結婚後の大阪の生活をも見越し、トータルで検討することが大切です。

リング

個性を発揮する工夫

人口が多い東京では個性を発揮するのは難しく、隣の人と同じ格好をしてしまったという経験をしたことが誰しもあるはずです。しかし折角の結婚指輪までもが、隣にいる人と同じというのは少々複雑な心境に陥ってしまいます。避けるには個性を発揮できるハワイアンジュエリーを、購入するのがおすすめです。

赤い糸

指輪を2人で作るメリット

結婚指輪を手作りすると、デザインを選ぶことができる、既製品と比べて安く指輪を用意できる、指輪の制作時間を通して、思い出作りもできるなどのメリットがあります。しかし、手作りにはそれなりの時間と労力が必要となりますで、式間近の方は要注意です。制作を始める前に、そのお店の実績評価も調べておきましょう。

手

相手に喜んでもらうために

大阪での婚約指輪のプレゼントは生涯一度きりのイベントであり、また高価な買い物でもありますから、絶対に失敗は避けたいものです。プレゼントする相手に喜ばれることを優先すべきですから、リングゲージやプロポーズリングといったアイテムを上手に活用することも視野に入れましょう。

指輪

オンリーワンを手に入れる

せっかくなら世界に一つだけの結婚指輪がほしいという場合、手作りで手配することも選択肢に入れてみてはいかがでしょうか。2人で作り上げた結婚指輪はまさしくオンリーワンの品物ですし、身につけた結婚指輪を見るたびに当時の思い出が蘇るはずです。