結婚指輪を決める前に知っておくべき【給料換算では約1ヶ月程度】

指輪を2人で作るメリット

赤い糸

指輪作りは魅力がいっぱい

永遠の愛を象徴する結婚指輪。一生身につけるものだからこそ、自分らしい指輪にしたいと思う方も多いことでしょう。そんなカップルは、2人で仲良く結婚指輪を手作りしましょう。手作りすると、指輪に愛着が湧きますし、世界に1つしかないオリジナルの指輪を完成することができます。また、2人で一緒に作ることで、指輪だけでなく、思い出の時間も共有できて、より2人の仲が深まるというメリットもあります。手作りしてみたいけれど、アイデアが思い浮かばないという方でも、スタッフに理想のイメージを伝えると、一緒に考えてアドバイスしてくれますので心配はいりません。さらに、既製品の結婚指輪よりも安く手に入れられるところが、手作りの魅力です。既製品は、ブランド名の価値と、デザイン料が加算されます。しかし、手作りの場合は、自分たちのアイデアを形にするので、そういった費用を抑えることができます。ただし、結婚指輪を手作りするためには、時間と労力がかかることも考慮しなければなりません。一般的な手作りの指輪は、ワックスと呼ばれるロウソクのような材質で原型を作りますが、完成までに平均して3時間ほどかかります。さらに、ダイヤモンドをつけたり、特殊な加工を施したりすると、納品までに1月〜1か月半ほどかかります。結婚式に間に合わないということがないよう、納期には十分に注意して、早めに作り始めるようにしましょう。また、お店によって、結婚指輪の仕上げ技術に差がありますので、事前にインターネットで、そのお店のサンプルを確認したり、実績評価をチェックしておくことも大切です。