結婚指輪を決める前に知っておくべき【給料換算では約1ヶ月程度】

指輪を作りのポイント

LOVE

自分らしい指輪を作る

結婚指輪を手作りする人が増えています。手作りにすると、自分の好きな模様をデザインしたり、2人の好きな文章を刻んだりすることができます。ダイヤモンドなどを好きなように配列することもできますし、一見みただけではどんな模様か分からないけれど、2つの指輪を重ねると1つの絵が浮かび上がるといったおしゃれな結婚指輪も作り出せます。指輪の作り方には、主に鋳造と鍛造の2種類の製造方法があります。鋳造は、ワックスと呼ばれるロウのようなものから型を作り、そこにプラチナなどの金属を流し込んで、冷やして固まったところを取り出す製法です。デザインを施したおしゃれな結婚指輪を手作りしたいという方におすすめの作り方です。鍛造は、金属を叩いて変形させて丸くする方法で、ひたすら叩いて圧力を加えることで、耐久性の強い指輪を作ることができます。硬度がある分、傷がつきにくいというメリットがあります。複雑なデザインの指輪ではなく、シンプルで頑丈な指輪を作りたい方に向いています。お店を訪れる前に、まずは、鋳造と鍛造のどちらの結婚指輪を手作りしたいかを決めておきましょう。お店によって、鋳造が得意な店もあれば、鍛造をおすすめするところもありますので、前もってインターネットのホームページを見て、そのお店についてリサーチすることが大切です。今までに製作した結婚指輪の写真が掲載されているかと思いますので、自分のイメージしている結婚指輪に似た指輪を作った実績評価のあるお店を選びましょう。